2015年10月、バードレイナ先生の来日記

2015.11.02

20年間、大阪のフォンスモーリス社のオーガナイズで毎年春と秋に来日されていたICSBの創立者バードレイナ先生ですが、2014年からはトレーニングシステムが変わり、現在は場所を関東に移してファンデーショントレーニングが開催されいています。

昨年の10月は、私たちもこの『クラニオセイクラル・バイオダイナミクス ジャパン』のサイト作りに励んでいたところで、事務局の大門典子さんは妊娠10ヶ月を迎えていました。

バードレイナ先生は、女性ならではの視点で胎生学を取り入れたクラニオのトレーニングシステムを構築されるなど、大の子供好きでいらっしゃるので、昨年も大門さんが妊娠10ヶ月なことをお知らせしたところ、「大門さんにクラニオのセッションをしたい」とおっしゃってくださいました。

FullSizeRender
2014年10月 当サイトの事務局のメンバーとバードレイナ先生を囲んで

そして一年経って、大門さんは、ご家族で先生と再会。

t02200147_0800053313460385865


その時の様子を大門さんがご自身のブログ『いるかのこころ』に綴られています。

t02200330_0800120013460403491
先生のお膝に乗って赤ちゃんもご機嫌の様子

t02200286_0800104113460401816
子供へのバードレイナ先生の眼差しやタッチは、いつもとても温かく
まるで”皆のお母さん”のようです。

t02200263_0800095713460408719

クラニオのプラクティショナーや受講生が産んだお子さん達の成長報告を、バードレイナ先生は来日のたびに見聞きされ、とても喜ばれます。

先生はそのような時、手を通して『命』を感じられるクラニオセイクラル・バイオダイナミクスの醍醐味を、一番実感されているのかもしれないと思いました。

(記:クラニオセイクラル・バイオダイナミクスジャパン ウェブサイト事務局 土屋倫子)



このページのトップへ